トップ > イタリア > トスカーナ > レ・ヴォルテ(オルネッライア)

 

レ・ヴォルテ
Le Volte
オルネッライア
ORNELLAIA

サンテミリオン、ポムロールの土壌、そしてカリフォルニアの気候!?

1981年、オルネライアはイタリアの名門アンティノリ家のロドヴィコ・アンティノリ氏によってトスカーナのボルゲリに創設されました。

ロドヴィコさんはアメリカでワインビジネスを学び、自らのワイン造りの拠点としてカリフォルニアを考えていたそうです。しかし、彼はカリフォルニアワインの重鎮であったアンドレア・チェリチェフ氏と運命的に出会い衝撃的な一言を耳にします。
「アンティノリ家の所有するボルゲリは、サン・テミリオンとポムロールの土壌、そしてカリフォルニアの気候をもっている。なぜカリフォルニアに畑を買う必要があるんだい?」
この一言で彼はボルゲリでのワイン造りを決意したそうです。

メルロの魔術師、ミッシェル・ロラン起用

兄、ピエロ・アンティノリ侯爵の造るスーパータスカンSolaia(ソライア)の成功を端で見ていたロドヴィゴ・アンティノリ氏は、アンドレア・チェリチェフ氏のサポートによって、ボルドー品種のカベルネ&メルローのOrnellaia(オルネライア)を生み出しました。オルネッライアは、発売するとまたたく間に絶賛され、今では3大スーパートスカーナの1つと言われるようになります。

そして、コンサルタントにメルロの魔術師と呼ばれるミシェル・ロラン氏を起用し、単一畑のメルロ100%で造られたMasseto(マッセト)をリリースしたのです。

オルネライアのカジュアルワイン!

いきいきとしたサンジョヴェーゼのパーソナリティとそのサンジョヴェーゼに支えられたメルローのまろやかさ、そこに加わるカベルネ・ソーヴィニヨンのしっかりした骨格や深みなど複雑な要素が特徴的。
テヌータ・デル・オルネッライアのフィロソフィーを存分に映し出す、このワインだけの組み合わせの妙と言えます。

2014年はブドウがゆっくりと成熟したため、ブドウの味わいを十分に引き出した新鮮な果実味が特徴的です。口に含むと、シルクのようななめらかでコクのあるタンニンが際立っています。特にメルロー品種の特長がよく引き出されており、非常にバランスのよい、親しみやすい味わいのワインに仕上がっています。(インポーターさん資料から抜粋)

 

 

レ・ヴォルテ オルネッライア

レ・ヴォルテ 2014
Le Volte 2014

商品番号:  100206
ワイナリー: オルネッライア
生産地:   イタリア トスカーナ
格付:     I.G.T.  
タイプ:    赤
品種:     サンジョヴェーゼ50%、メルロ30%、
        
カベルネ・ソーヴィニヨン20%
容量:      750ml


¥2,937(税込)

 

この商品の関連商品をチェックする!

レ・セッレ・ヌォーヴェ オルネッライアオルネライア レ・セッレ・ヌォーヴェ

オルネッライアのセカンドワイン。
畑やぶどうはもちろん醸造も途中まではオルネライアと同様に造られるお値打ちワインです。

 

¥6,912(税込)