トップ > イタリア > トスカーナ > カステッロ・ディ・モンサント > ファブリッチオ・ビアンキ サンジョヴェーゼ

 

ファブリッチオ・ビアンキ サンジョヴェーゼ
Fabrizio Bianchi Sangiovese
カステッロ・ディ・モンサント
Castello di Monsanto

カステッロ・ディ・モンサント

カステッロ・ディ・モンサントの歴史は比較的新しく、アルド・ビアンキが1961年、フェレンツェとシエナの間にある土地と城館を買い取ったことに始まります。
この城館はフィレンツェのパローニ家が1750年に建設したものです。

アルド・ビアンキは、この非常に素晴らしい景色を愛していました。エルッサ・ヴァレーの頂上にある城館のテラスからビアンキ家の発祥の地、サンジミニャーノの有名なタワーを眺めることができます。
ここはキアンティ・クラッシコ地区の西部にあたり、糸杉とオリーブの木にまじってブドウ畑が広がっています。
アルド・ビアンキの息子でミラノの近くで織物手工業を営み成功をおさめていたファブリッチオ・ビアンキは、ビアンキ家がこの土地を取得後すぐに、全く異業種であるワインの世界に飛び込みました。
彼はワイン造りを情熱を持って独学で学んだと言います。フランス語で書かれたテキストを読み、数年のうちにあらゆる醸造技術を身に付けたのです。
彼がカステッロ・ディ・モンサント社の創始者になります。
今日、会社の運営には長女のラウラも参画し、セールスとPRの面で父ファブリッチオをサポートしています。

洗練された醸造で造られ、かつテロワールの特徴を忠実に反映させたワインを探している人にとって、カステッロ・ディ・モンサントは、確かに満足出来る生産者だが、残念ながらこのような生産者はそう数多くない。しっかりとした個性と、適切な醸造を両立させることが出来るワインだ。(『I Vini d'Italia(エスプレッソ・ガイド)』から抜粋)

ファブリッチオ・ビアンキ サンジョヴェーゼ

標高300mに位置する、ガレストロの土壌で、面積3.3haの「SCANNI(スカンニ)」畑の中の果実が最も良く熟する斜面のブドウからこのワインは造られました。1974年からここで収穫されたサンジョヴェーゼだけを使ったワイン造りを始め、偉大なヴィンテージのみ造られています。


「深いルビーの色調。フサスグリ、プルーン、土の匂いとブラックペッパーの香り、口の中で美しいタンニンといきいきとした酸味が広がります。今飲んでも素晴らしく、熟成を経ても更にその素質を発揮します。」(インポーターさん資料から抜粋)

 

 

カステッロ・ディ・モンサント ファブリッチオ・ビアンキ サンジョヴェーゼ

ファブリッチオ・ビアンキ サンジョヴェーゼ 2006
Fabrizio Bianchi Sangiovese 2006

商品番号:  100903
ワイナリー: カステッロ・ディ・モンサント
生産地:   イタリア トスカーナ
格付:     I.G.T.
タイプ:    赤
品種:     サンジョヴェーゼ
容量:      750ml

 

¥6,640+税

在庫2本

この商品の関連商品をチェックする!

カステッロ・ディ・モンサント ファブリッチオ・ビアンキ シャルドネカステッロ・ディ・モンサント ファブリッチオ・ビアンキ シャルドネ

トスカーナ地方のカステッロ・ディ・モンサントのファブリッチオ・ビアンキ・シャルドネです。
高く評価されている秀逸な白ワインです。

¥3,200+税