トップ > フランス > ローヌ > ドメーヌ・ラ・ルビーン > サブレ

 

サブレ
Sablet
ドメーヌ・ラ・ルビーン
Domaine La Roubine

ドメーヌ・ラ・ルビーン

1950年代にエリック・ウゲットーの祖父が、ルビーンの畑を購入し耕作を始めました。エリックは1990年に畑を引き継ぎ、最初の10年は地元の協同組合と一緒に仕事をしていましたが、ソフィー・ブーレが加わり、二人は2000年から自分たち自身のワインを造り始めました。
ドメーヌはジゴンダス村のダンテル・ド・モンミライユ山の美しい自然公園の斜面にあります。ヴァケラスは南へ6km、サブレは北に4kmへ行ったところになります。
当初 エリックとソフィーは、彼らの偉大なジゴンダスの友人であるサン・コムのルイ・バリュオルやブイシエールのティエリー・ファラヴェルのアドバイスを受けていましたが、今では彼らは自らの考えを持ち、彼らのワインが属するアペラシオンにおける最も評価の高いワインのいくつかを造るまでになりました。

エリックとソフィーはこう語ります。「醸造所では何も引き出さない。私たちはブドウの樹から引き出すのです。」彼らは有機栽培を実践し、高い凝縮感と自然なバランスを持ったよく熟した最高のブドウを手に入れるため、彼らは畑では常に手作業で仕事をしています。
ワイングラスの中に、彼らのテロワール、ブドウ、土壌、気候や天候などが現れるの見届けたいのです。 収穫の際は、完璧に熟した房のみ収穫するよう気をつけて丁寧に手摘みし、ブドウを桶に入れる前にも痛んだブドウが取り除くため再度注意深く選果が行われます。醸造所では基本的に、干渉を最小限に抑えながらできるだけ自然に仕事を行います。ワインは全房のままのブドウを用いて、コンクリートタンクや大きなオークの古樽で自然酵母により醸造されます。抽出は最低限しか行いませんが、彼の手によってリッチでクオリティの高いブドウから大柄で力強いワインが生み出されます。硫黄の使用も極僅かで、ワインを清澄も濾過もすることはありません。
ジゴンダスはワイルドでミネラル豊か、なおかつ驚くほどエレガントでジゴンダスを表現しつつ今飲んで美味しい。より暖かい場所にあるヴァケラスはより肉付きが良く暖かい味わい。一方サブレは、比較すると軽やかですが、それでも力強く多彩な味わいです。

サブレ

スケールが大きくエネルギッシュで、昔ながらのワインながら美しくバランスが取れています。ジゴンダスに隣接する砂質土壌の有機栽培の畑。コンクリートタンクで全房発酵を行い、トロンコニックの古いオーク桶で熟成。


「2011は甘いレッドベリーのコンフィ、たくさんの野生のタイム、ミント、ローズマリーなどの典型的な元気いっぱいの香りを放ちます。骨格を造る大粒でジューシー、ほとんど甘さを感じるようなタンニン、ルビーンのワインの特徴であるバランスを生み出すクールな酸味、そしてリッチで甘く味わい深い果実味を持ち、サブレとしてはとても大人っぽいワインです。」(インポーターさん資料から抜粋)

 

 

ドメーヌ・ラ・ルビーン サブレ

サブレ 2011
Sablet 2011

商品番号:  070101
ワイナリー: ドメーヌ・ラ・ルビーン
生産地:   フランス コート・デュ・ローヌ サブレ
格付:        
タイプ:    赤
品種:     グルナッシュ 70%, シラー 20%, サンソー 10%
容量:      750ml

 

¥2,570(税込)

売り切れました。ありがとうございました。

この商品の関連商品をチェックする!

ドメーヌ・ラ・ルビーン ジゴンダスドメーヌ・ラ・ルビーン ジゴンダス

ドメーヌ・ラ・ルビーンのジゴンダスです。テロワールをそのまま映し出したスケールの大きい複雑なワイン。見事なミネラルのフレッシュさとフィネスを持ったエネルギッシュな味わい。有機栽培。コンクリートタンクで優しく全房発酵を行い、一部600Lのオーク樽で熟成。

¥3,952(税込)