トップ > フランス > ローヌ > ドメーヌ・ラ・ブイシエール > ジゴンダス

 

ジゴンダス
Gigondas
ドメーヌ・ラ・ブイシエール
Domaine La Bouïssière

ドメーヌ・ラ・ブイシエール

大量生産ではなく、個人というものが具現化されたワインを飲むためこのジゴンダスのトップのドメーヌのワインを開ける。個性に溢れ、巧妙に造られたワインではないかもしれませんが、その不完全さにより美しさを感じてしまうようなワインです。ドメーヌのワイン全ての中にある活力、エレガンス、ミネラルは、人を惹きつけてやまない魅力を持っています。
ドメーヌは、柔らかい口調のジャズを愛するティエリー・ファラヴェルと兄弟のジルによって営まれています。ティエリーが醸造所での仕事の殆どを行っており、彼の素晴らしく楽しいチャーミングな母!と一緒にドメーヌの公式の顔となっています。畑仕事は兄弟二人で細心の注意を払いつつ行っています。ほとんど全てのブドウ畑は美しきダンテル・ド・モンミライユの山の中、標高300~400mのところにあり、これは彼らのワインにあるフレッシュさとミネラル感に多いに貢献していますが、完全にブドウを熟させるのには大変な努力が必要であることもわかります。実際彼らは成功し、さらに素晴らしい複雑性も生み出してます。
醸造所では、ティエリー・ファラヴェルは伝統主義者であり、同時にそれぞれのヴィンテージにおいて彼の直感に従って仕事をしています。例えば2006年、彼は収穫したブドウを除梗することにしましたのですが、それは何故なら数年に渡って十分な雨が降らず、ブドウがストレスを感じているせいで梗が彼が欲するほど熟していないと考えたためえした。そうでなければ、彼は重力を利用して果汁を移動させ、通常は除梗を避け、自然酵母を用い、長い醸造期間をかけ、SO2の使用は最低限に抑え、小樽で時間を掛けて熟成を行い(一部新樽)、清澄もろ過もせずボトリングを行います。

ジゴンダス

ジゴンダス村の上、美しきダンテル・ド・モンミライユの山の中にある85haの畑。涼しい北向きの石灰粘土土壌の畑で、 標高は300〜400m。ミストラルの吹く暑く乾燥した地中海性気候。基本的には有機栽培。ムールヴェードルは平地で栽培。 樹齢は45年。10月初旬に手摘みで収穫。

トラディショナル。自然酵母を使用し全房のまま(ヴィンテージによっては少量を除梗することもありますが)35℃以下でコンクリートタンクで発酵。トータルの醸造期間は40日間。アルコール発酵期間中は毎日ルモンタージュとピジャージュを実施。60%は3〜5年目のヴォージュやアリエ産のオークの小樽、40%コンクリートタンクで12ヶ月。澱引きは行いません熟成。 無濾過、無清澄でボトリング。

素晴らしい!1999年以来のベストヴィンテージ。クラシックで複雑、洗練されたグルナッシュ、そしてジゴンダスの実力を見せつけるワイン。ダークベリー系の果実味、花、プロヴァンサル・ハーブ、レザー、ブラックオリーブが織り成す、幾層にも絡み合ったアロマ。口に含むとフルに力強く広がり、極上のフィネスと風味豊かなミネラリー感がもたらす、完璧なバランス。さっぱりとしながら、エネルギッシュ。肉料理と合わせるべき一本!もちろん、野菜との相性も良い。

 

 

ドメーヌ・ラ・ブイシエール ジゴンダス

ジゴンダス 2012
Gigondas 2012

商品番号:  072501
ワイナリー: ドメーヌ・ラ・ブイシエール
生産地:   フランス コート・デュ・ローヌ ジゴンダス
格付:        
タイプ:    赤
品種:     グルナッシュ65%, シラー30%, ムールヴェードル5%
容量:      750ml

 

¥4,406(税込)

売り切れました。ありがとうございました。

この商品の関連商品をチェックする!