トップ > フランス > ロワール > ピュズラ=ボノーム > ロモランタン

 

ロモランタン
Romorantin
ピュズラ=ボノーム(ティエリー・ピュズラ)
Puzelat=Bonhomme(Thierry Puzelat)

天才醸造家ティエリ・ピュズラ!

ビオワインの聖地ともいわれるロワールで活躍する天才醸造家ティエリー・ピュズラ氏。

ティエリ・ピュズラ氏はかつてボルドーのサンテミリオンにあるクロ・フルテ(プルミエ・グラン・クリュ・クラッセ)で約1年、南仏プロヴァンスのドメーヌ・ド・ラ・トゥール・デュ・ボンで約4年に渡って研修し、1994年、兄ジャン・マリー・ピュズラ氏とともに父の畑を継ぎ、ル・クロ・デュ・テュエ・ブッフを立ち上げました。

ビオディナミによる栽培を実践し、SO2(二酸化硫黄)を使用せず醸造、ブドウ本来の果実味を豊かに現したピュアな味わいのワインは大評判となり、その噂を聞きつけたのか・・・なんとっ、ロマネ・コンティのオーナーであるアンリ・フレデリック・ロック氏もプライベートでドメーヌを訪れ、ピュズラ氏のワインと自身のワインとの交換を希望したといいます。

1999年、数々の賞賛の声を浴びビオワイン界の寵児となったティエリ氏が立ち上げたネゴシアン(買い付けブドウから醸造)がこのティエリ・ピュズラです。
Thierry Puzelat の文字は彼のネゴス・ワインのラベルに誇らしげに記されています。

現在、ネゴシアン・ピュズラは、オリビエ・ボノーム氏を迎え入れ、ピュズラ=ボノームとなっております。

ティエリーも大好き、超貴重品種、ロモランタン

ティエリ・ピュズラ氏も大好きな品種ロモランタン。
ロモランタンはもともとブルゴーニュ品種だったものがロワールに移植され、現在はロワールにだけ唯一存在する貴重な土着品種です。
とても気難しい品種ですが、良い年にはものすごい力を見せてくれます。

ティエリ・ピュズラ氏はこのロモランタンをこよなく愛し、自身の所有する畑で大切に育てています。

収穫日は10月5日。収量は10hl/ha!残糖は0g!ノンフィルター!SO2は瓶詰め時に2g
ブドウはティエリの自社畑から。100年以上を超えたブドウの樹のマルコットとセレクションマサールで2009年から徐々に植え替えをしている!

「リンゴ、ブドウの花、杉の木、マシュマロの香り。ワインはタイトで勢いと伸びがあり、線のある真っ直ぐな酸とキレのある塩辛いミネラルの旨味が味わいをドライに引き締める!」(インポーターさん資料から抜粋)

 

 

ヴァン・ド・フランス ロモランタン 2012
VdF Romorantin 2012

商品番号:  050608
ワイナリー: ピュズラ=ボノーム
生産地:   フランス ロワール
格付:       
タイプ:    白
品種:     ロモランタン  
容量:      750ml


¥3,672(税込)

売り切れました。ありがとうございました。

 

この商品の関連商品をチェックする!

ティエリー・ピュズラ トゥーレーヌ・ヴァンクール・ヴァンキュ・ブランピエール=オリヴィエ・ボノーム ヴァンクール・ブラン

ピエール=オリヴィエ・ボノームのヴァンクール・ブランです。
ソーヴィニヨン・ブランの爽やかな風味をもつピュアでミネラリーな旨安ワインです。

 

¥2,332(税込)