トップ > フランス > ロワール > ドメーヌ・デ・ボワ・ルカ > トゥーレーヌ ルージュ コ

 

トゥーレーヌ コ
Touraine Rouge Cot
ドメーヌ・デ・ボワ・ルカ
Domaine des Bois Lucas

新井順子さんの手がけるとびきりのドメーヌ

ドメーヌ・デ・ボワ・ルカは、ロワール地方トゥーレーヌのマルイユ・シュル・シェール村にあるドメーヌです。
2002年、ボワ・ルカは、ビオ・ワイン生産者のクロ・ロッシュ・ブランシュから8haの畑を譲り受ける形でスタートしました。
当主新井順子さんは、トゥーレーヌの日本人初のビオディナミストです。

彼女のワインに対する真摯な姿勢はただただ頭が下がる思い、そのバイタリティあふれる行動力、おいしいワインを造りたいという情熱、ホントに尊敬してやまない人です。

幾多の困難を乗り越え、いや、これがホントにすごく大変なことだらけ、なんでこんなにしてまで・・・と思ってしまうのは私だけではないはず・・・的な事件の連続を経て、生産されるワインの素晴らしいこと!

カリスマ醸造家フィリップ・パカレ氏にもワインサロンで「ビヤン!ビヤン!」と絶賛し、後日「お前んとこの近くにすごいソーヴィニヨンを造った日本人の女性がいるぞ!」と順子さんのお友達、日本でもパカレ並みに有名な醸造家ティエリ・ピュズラ氏に話していたそうです。

年々その実力を増すばかりの新井順子さんとボワ・ルカのワインたち。
ビオ・ワインってこうなんだ!と、うなってしまうこと間違いなしの超おすすめドメーヌです。


ブドウ畑で長靴をはいて 新井順子
新井順子さんの著書『ブドウ畑で長靴をはいて―私のロワール・ワイン造り奮闘記

トゥーレーヌ ルージュ コ

Cot(コ)という品種は南仏ではマルベックというタンニンの強い品種であまり単一では仕込まれません。でもその品種が北のロワールで育つと名前も代わり、酸味も含まれ、なんだか上品になります。2006年に植樹し、やっと赤ワインで仕込む事が出来ました。香りは私のワインを飲んだ方は直ぐにBois Lucasのワインと分かる天然酵母の独特の香りにそしてアメリカンチェリーの香りやカシスの香りがふんだんにグラスに広がります。柔らかい酸味ときつ過ぎないタンニンのバランスがとても良く、ブルゴーニュのPinot Noirを連想します。とてもチャーミングなワインです。杏を飲んでいるようなフルーティーさ、葡萄そのものを瓶に閉じ込めました。注意して頂きたいのは、このワインは一切瓶詰時にも二酸化硫黄を添加していないので、逆に還元状態のまま瓶詰めしました。ですからすっごくギュッと閉じこもっております。飲まれる時は赤ですが低い温度で冷蔵庫に入れ、飲む1~2時間前に出してコルクを開けて下さい。それの方がワインは開きます。でも本当はまだ2~3年寝かせた方が美味しいです。瓶の中でゆっくりゆっくり熟成してくれます。(インポーターさん資料から抜粋)

 

 

ボワ・ルカ トゥーレーヌ ルージュ コ

トゥーレーヌ コ 2011
Touraine Rouge Cot 2011

商品番号:  050105
ワイナリー: ドメーヌ・デ・ボワ・ルカ
生産地:   フランス ロワール
格付:        
タイプ:   赤
品種:    ガメイ
容量:      750ml\

 

¥3,230+税

売り切れました。ありがとうございました。

この商品の関連商品をチェックする!

ボワ・ルカ トゥーレーヌ ガメイドメーヌ・デ・ボワ・ルカ トゥーレーヌ ガメイ

ボワ・ルカのトゥーレーヌ ガメイです。
こちらもこの2011年が最後となってしまったガメイのキュヴェです。

 

¥3,230+税

 

ボワ・ルカ トゥーレーヌ ソーヴィニヨン・ブランドメーヌ・デ・ボワ・ルカ トゥーレーヌ ソーヴィニヨン・ブラン

ボワ・ルカのトゥーレーヌ、ソーヴィニヨン・ブランです。
ボワ・ルカの代名詞的白ワインです。残念ながら2011年が最後となってしまったトゥーレーヌのソーヴィニヨン・ブランのキュヴェです。

¥4,250+税