トップ > 日本 > タケダワイナリー > ドメーヌ・タケダ キュベ・ヨシコ(タケダワイナリー)

 

ドメーヌ・タケダ キュベ・ヨシコ
Domaine Takeda Cuvee Yoshiko
タケダワイナリー
Takeda Winery

「良いワインは良いぶどうから」

タケダワイナリーは、蔵王連峰のふもと、山形県かみのやま温泉の近くに位置するワイナリーです。
創業1920年という老舗ワイナリーで、現在は5代目となる岸平典子さんを中心に優れたワインを生産しています。

北の果実王国山形県といえば、サクランボやラ・フランスで有名ですが、東北きってのワイン産地ともいわれ、山梨に次ぐ葡萄とワイン造りの歴史と実績をもっています。
その山形県のワイナリーの中でも特におすすめしたいワイナリーがタケダワイナリーです。

タケダワイナリーの先代武田重信さんは土造りに精魂を傾けた人物として知られ、ワイン用葡萄に適する畑の土壌改良に取り組みました。20年もの歳月をかけ有機的な方法で最適な土を作りあげました。

「良いワインは良いぶどうから」をモットーに現在も先代からの流れをくむ減農薬・無化学肥料による自然栽培農法を取り入れた自社畑でとれるぶどうから地方色豊かな味わい深いワインを造り出しております。

日本を代表する本格的スパークリング・ワイン、キュベ・ヨシコ

ドメーヌ・タケダ・キュヴェ・ヨシコは、1988年に初めて製造された日本を代表する本格的スパークリング・ワインで、フランスのシャンパーニュと同じ瓶内二次発酵で造られています。

瓶内熟成期間はヴィンテージ・シャンパーニュと同じ3年間、自然農法の自社畑で育てられたシャルドネを100%使用したブラン・ド・ブラン(「白の白」、シャンパーニュ地方でシャルドネのみで造られるシャンパン)。

上品で細やかな泡立ちの辛口スパークリングワインです。

キュヴェ・ヨシコ 2005 は2009年6月発売予定でしたが、2005年の葡萄が持つ本来のポテンシャルを引き出すため、もうしばらくワイナリーの地下セラーにて熟成させたほうがよいというタケダワイナリーさんのご意向により発売日が延期になっております。

「楽しみにお待ちいただいているところ、誠に恐縮ではございますが、よりよい商品をお届けするためのこととご理解いただき、もう少々お待ち下さい。」(タケダワイナリーさんからご連絡いただきました。)

 

 

ドメーヌ・タケダ キュヴェ・ヨシコ

ドメーヌ・タケダ キュベ・ヨシコ 2005
Domaine Takeda Cuvee Yoshiko 2005

商品番号:  010401
ワイナリー: タケダワイナリー
生産地:   日本 山形
格付:       
タイプ:    白・泡
品種:     シャルドネ
容量:      750ml


¥8,400+税

売り切れました。ありがとうございました。

 

この商品の関連商品をチェックする!