トップ > 日本 > リュードヴァン > リュー・ド・ヴァン ヴァン・ムスー ロゼ

 

リュー・ド・ヴァン ヴァン・ムスー ロゼ
Rue de Vin Mousseux Rosé
リュードヴァン
Rue de Vin

Rue de Vin リュードヴァン

長野県東御市にあるリュードヴァンです。
ワイナリーとしてスタートしたのは2010年という、できたてほやほやのワイナリーです。

小山英明氏は、(株)あずみアップルのソーヴィニヨン・ブランを手がけた醸造家として有名で、今後最も注目するべきワイン醸造家の一人です。

私は樹齢3~4年のシャルドネを飲ませていただきましたが、若木から造られているのが信じられない素晴らしい味わいにうっとり。素晴らしいワイナリーがまた1つ誕生いたしました。

以下、ワイナリーさん資料から抜粋させていただきました。

2006年春、長野県東御市にある(有)永井農場とワイン醸造家小山英明が、荒廃してゆく農地の再生を掲げ雑木林と化した農地を開墾し、ワイン用葡萄の木を植え、「永井農場ワインプロジェクト」が始まりました。
2008年春には葡萄栽培及びワイン醸造の専門メーカーとして更なる発展をする為、(株)リュードヴァンを設立しました。
現在、およそ3haに及ぶ荒廃農地を開墾し葡萄の定植、栽培を続けています。

2007年の記念すべきファーストヴィンテージ Rue de Vin 2007 Chardonnay は限定229本ながら各ワイン専門家から高い評価をいただいております。

どうぞ、成長してゆく葡萄と美しい景観がよみがえって行くさまを見守ってください。
これから私達はワイナリー用地の確保や建設、製造免許の取得等、多くの課題を乗り越えなければなりません。
皆様の応援あってのプロジェクトです。目指すは “地に足が付いたワイン造り”です。 葡萄を作り、ワインを造り続けることとは… ワインを売ること、ワインを消費することとは… 生活を楽しむとは… 文化とは…、豊かな暮らしとは… はたまた食料自給率の低下…、農業の後継者不足… 私が年老いてワインを造れなくなっても、或いはその次の世代になっても当然の如くワインを造って行ける環境を実現するには…。
そんなことを考えて、考えて、解決し実現しようとしているプロジェクトです。
ワインを飲み楽しく食事をし、豊かに生活できる環境を築き上げる。
この葡萄畑はそんな想いの第一歩なのです。決して流行廃れではなく、長い年月をかけて育むもの。
まさにそれは“文化”の構築なのです。
それが Rue de Vin リュードヴァン の歩む道です。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

ヴァン・ムスー ロゼ

リュードヴァンのヴァン・ムスー ロゼです。
スパークリングワインに特化したワイナリーを目指すリュードヴァンのヴァン・ムスー ロゼです。
シャンパーニュ製法による本格派。ピノ・ノワールを贅沢に使用し、少量のシャルドネを加えることで力強くかつ複雑でしかもエレガントな味わいがバランスします。良い原料と熟成とブレンドによる妙は最上の一言に尽きます。

 

 

リュー・ド・ヴァン ヴァン・ムスー ロゼ

リュー・ド・ヴァン ヴァン・ムスー ロゼ
Rue de Vin Mousseux Rosé

商品番号:  012209
ワイナリー: リュードヴァン
生産地:   日本 長野
格付:       
タイプ:    泡白
品種:     ピノ・ノワール、シャルドネ 
容量:      750ml

 

¥7,300(税込)

在庫5本

この商品の関連商品をチェックする!