トップ > 日本 > 共栄堂 > K16_FY_SR

 

K16_FY_SR
共栄堂
Kyoeido

共栄堂

元四恩醸造のつよぽん(小林剛士さん)の新たなプロジェクト、共栄堂 ワイン事業部です。

共栄堂さんは北杜市にあるつよぽんのご実家の屋号とのこと。醸造は三養醸造さんで行っております。

「貴方のテーブルワインを造りたい。届けたい。」byつよぽん

K16_FY_SR

共栄堂のK16_FY_SRです。
記号の意味は、K=共栄堂または小林剛士、16はヴィンテージ、FYは冬、SRは白、のようです。
共栄堂(または小林剛士氏)の造る2016年の冬の白って意味ですね。

また、ラベルは毎年変えるそうです。2016年のラベルは、つよぽんが尊敬する陶芸家、岡見周二さんの作となります。


ややくすみを持った光沢のある辛子色。バター・ヘーゼルナッツ松や杉甘草やホワイトペッパーの香りがします。マンダリンや桃熟したパイナップル様の香りもします。ジャスミン・アカシアのような花の香りそして蜂蜜の香りも取れます。口中ではバター・ヘーゼルナッツ・ホワイトペッパーが強く、口当たりは非常になめらかです。鼻腔に抜ける香りは花の香りが全般的に支配的です。のど越しにやや酢酸系のあたりがありますが、それほど不快とは思いません。余韻はやや短く、苦みや未熟なトマトのような青さも見られます。
皮付きの鳥との相性がよさそうです。ワインに華やかさがあるのですが、この口当たりの滑らかさと共通な具合をおくと相性が良い気がします。 数日置くくらいの時間があると角が取れてよさそげです。赤ワイン程度のやや温度を上げて、大きめのボールのワイングラスがよいようです。

8月下旬の収穫で、約1.5か月の樽発酵・貯蔵を行っております。亜硫酸は無添加になりました。 (ワイナリーさん資料から抜粋)

 

 

インソリオ・デル・チンギアーレ

K16_FY_SR

商品番号:  013201
ワイナリー: 共栄堂
生産地:   日本 山梨
格付:         
タイプ:    白
品種:     デラウェア
容量:      750ml

 

¥1,620(税込)

売り切れました。ありがとうございました。

この商品の関連商品をチェックする!

共栄堂 K16_FY_AK共栄堂 K16FY_AK

共栄堂のK16FY_AKです。マスカット・ベーリーA+巨峰(5%)から造られる赤。
9月中旬からの収穫で、低温で約2週間の醸し発酵。以後は樽発酵・熟成です。少々白仕込みしたMBAと巨峰を加えています。樽の配分が少し違い、SO2をちょびっと添加することにより、締りと持続的な普遍性を高めました。

¥1,620(税込)

 

共栄堂 K16FY_DD共栄堂 K16FY_DD

共栄堂のK16FY_DDです。
甲州から造られる橙。
樽熟成1か月とタンク熟が約半分づつの甲州種100%ワインとなります。

¥1,620(税込)