トップ > 日本 > 共栄堂 > K16_FY_DD

 

K16_FY_DD
共栄堂
Kyoeido

共栄堂

元四恩醸造のつよぽん(小林剛士さん)の新たなプロジェクト、共栄堂 ワイン事業部です。

共栄堂さんは北杜市にあるつよぽんのご実家の屋号とのこと。醸造は三養醸造さんで行っております。

「貴方のテーブルワインを造りたい。届けたい。」byつよぽん

K16_FY_DD

共栄堂のK16_FY_DDです。
記号の意味は、K=共栄堂または小林剛士、16はヴィンテージ、FYは冬、DDは橙、のようです。
共栄堂(または小林剛士氏)の造る2016年の冬の橙って意味ですね。

また、ラベルは毎年変えるそうです。2016年のラベルは、つよぽんが尊敬する陶芸家、岡見周二さんの作となります。

濁りを伴った橙色。やや浮いたアルコール感にポンカンのような和柑橘と小梅のようなバランス。メロンやグアバ・ジャスミンやスミレのような花の香りがします。甘草・シナモンのようなスパイスにピールから皮やキノコ系の熟成やオフフレーバー系も多様的に薫ります。口中はねっとりとしていてクレヨン系の重みと和柑橘系の果実味。杉などの木質系も感じます。余韻は木質系と青めの酸で終わるといった感じです。
かなり味と香りが多いので温度低めでコップとかの呑み方、かなり大きめのグラスで酸素と調和してから飲むやり方もありかと感じます。まだ、ばらつきが多いワインだと正直感じています。

樽熟成1か月とタンク熟が約半分づつの甲州種100%ワインとなります。今年はちょっと味わい強めで攻めてみました。今までのK16FYシリーズでは一番強い味わいになったと思います。

 

 

K16_FY_DD

商品番号:  013203
ワイナリー: 共栄堂
生産地:   日本 山梨
格付:         
タイプ:   橙
品種:     甲州
容量:      750ml

 

¥1,620(税込)


売り切れました。ありがとうございました。

この商品の関連商品をチェックする!

共栄堂 K16_FY_AK共栄堂 K16FY_AK

共栄堂のK16FY_AKです。マスカット・ベーリーA+巨峰(5%)から造られる赤。
9月中旬からの収穫で、低温で約2週間の醸し発酵。以後は樽発酵・熟成です。少々白仕込みしたMBAと巨峰を加えています。樽の配分が少し違い、SO2をちょびっと添加することにより、締りと持続的な普遍性を高めました。

¥1,620(税込)

 

共栄堂 K16FY_SR共栄堂 K16FY_SR

共栄堂のK16FY_SRです。
デラウェアから造られる白。
8月下旬の収穫で、約1.5か月の樽発酵・貯蔵、亜硫酸無添加。

¥1,620(税込)