トップ > 日本 > 共栄堂 > K16_FY_AK

 

K16_FY_AK
共栄堂
Kyoeido

共栄堂

元四恩醸造のつよぽん(小林剛士さん)の新たなプロジェクト、共栄堂 ワイン事業部です。

共栄堂さんは北杜市にあるつよぽんのご実家の屋号とのこと。醸造は三養醸造さんで行っております。

「貴方のテーブルワインを造りたい。届けたい。」byつよぽん

K16_FY_AK

共栄堂のK16_FY_AKです。
記号の意味は、K=共栄堂または小林剛士、16はヴィンテージ、FYは冬、AKは赤、のようです。
共栄堂(または小林剛士氏)の造る2016年の冬の赤って意味ですね。

また、ラベルは毎年変えるそうです。2016年のラベルは、つよぽんが尊敬する陶芸家、岡見周二さんの作となります。

くすみをもち、エッジの薄い葡萄(エビ)色。杉・タイム・甘草・やや唐辛子のような刺激。ドライアプリコットやタールのような熟成香。桑の実のような果実感に多少の炭酸感とやや冷たい青さを感じる口当たり。口中では未熟な青い果実やトマト・甘草のような野菜の熟度。ちょっとウッディーです。余韻は黒くはない赤い桑の実のような果実感で締めくくられます。
さつまいもと胡桃のクリームチーズ和え。なんだか合わせるよりも単体で楽しめる感じかなっと思います。ちょっと発想が貧困ですいません。ちょっと刺激が強いですかね。
刺戟が強いので、やや時間と音頭をかけて柔らかさを出すと食事と合いやすくなるかと感じます。

9月中旬からの収穫で、低温で約2週間の醸し発酵。以後は樽発酵・熟成です。少々白仕込みしたMBAと巨峰を加えています。樽の配分が少し違い、SO2をちょびっと添加することにより、締りと持続的な普遍性を高めました。(ワイナリーさん資料から抜粋)

 

 

共栄堂 K16_FY_AK

K16_FY_AK

商品番号:  013202
ワイナリー: 共栄堂
生産地:   日本 山梨
格付:         
タイプ:   赤 
品種:     マスカット・ベーリーA、巨峰
容量:      750ml

 

¥1,620(税込)

売り切れました。ありがとうございました。

この商品の関連商品をチェックする!

共栄堂 K16FY_SR共栄堂 K16FY_SR

共栄堂のK16FY_SRです。
デラウェアから造られる白。
8月下旬の収穫で、約1.5か月の樽発酵・貯蔵、亜硫酸無添加。

¥1,620(税込)

 

共栄堂 K16FY_DD共栄堂 K16FY_DD

共栄堂のK16FY_DDです。
甲州から造られる橙。
樽熟成1か月とタンク熟が約半分づつの甲州種100%ワインとなります。

¥1,620(税込)