トップ > イタリア > イタリア(その他) > カピテル・サン・ロッコ ロッソ(テデスキ)

 

カピテル・サン・ロッコ ロッソ
Capitel San Rocco Rosso
テデスキ
Tedeschi

『デキャンター』誌の選ぶ世界のベスト100ワイナリーの1つ

1824年創業のテデスキ社は、イタリア、ヴェネト州にある5世代続く家族経営のワイナリーです。
長い歴史の中で培われた醸造技術を重んじながらも、常に品質向上のために革新を続ける老舗ワイナリーです。

テデスキ・ファミリーの歴史は初代1630年代頃にヴァルポリチェッラ地区に葡萄畑を購入したことに遡るそうです。
この畑を礎としてテデスキ社は1824年の創業以来伝統派の生産者として土地の個性をきちんと表現したワイン造りで知られています。

テデスキ社のワイン生産に用いられる葡萄は3割が自社畑から、残り7割は2軒の契約農家から調達していますが、この契約農家の畑も全てテデスキ社が栽培管理しているそうです。

現在は当主ロレンツォ・テデスキ氏の息子リカルド氏が醸造を担当し、ヴェネト州を代表するヴァリポリチェッラとソアーヴェを始め、半干しぶどうから造られる甘口のレチョート、辛口のアマローネ、人気のI.G.T.ワインと地域の個性を引き出した高品質ワインを造り出しております。

1987年にはレチョートが、1994年にはアマローネが“ワイン・インターナショナル・チャレンジ”で赤ワインの最高峰に輝いています。

また、『デキャンター』誌の選ぶ世界のベスト100ワイナリーにも選出されております。

ヴェネト州の伝統的醸造法、リパッソ

カピテル・サンロッコ・ロッソは、リパッソというヴェネト州の伝統的な醸造法を用いて造られる赤ワインです。

リパッソとは、通常通り醸造されたヴァルポリチェッラに前年のアマローネを絞った果実を漬け込み、低温発酵する醸造法で、これにより様々な要素がよりうまく組み合わさった、より長命でコクのあるワインになります。

「濃いルビー色、チェリー、ラズベリー、干しぶどうの豊かで複雑な香り。フルーティーでバランスのよい丸みを帯びた味わい。芳醇な風味が長く残ります。」(インポーター資料より)

 

 

カピテル サンロッコ ロッソ テデスキ

カピテル・サン・ロッコ ロッソ 2004
Capitel San Rocco Rosso 2004

商品番号:  110203
ワイナリー: テデスキ
生産地:   イタリア ヴェネト
格付:        
タイプ:    赤
品種:     コルヴィーナ30%、コルヴィノーネ30%、
         ロンディネッラ30%、モリナーラ、ロシニョーラ、
         オセレータ、ネグラーラ、ディンダネッラ、
         サンジョヴェーゼ10%
容量:      750ml  


¥2,040+税

売り切れました。ありがとうございました。

 

この商品の関連商品をチェックする!

ヴァルポリチェッラ・クラシコ・スペリオーレ テデスキテデスキ ヴァルポリチェッラ・クラシコ・スペリオーレ

テデスキ社のヴァルポリチェッラ・クラシコです。
テデスキ社は“Decanter”誌で世界のベスト100ワイナリーに選ばれております。

¥1,224+税
商品詳細はこちら