トップ > イタリア > イタリア(その他) > カピテル・モンテフォンタナ レチョート・クラシコ デッラ ヴァルポリチェッラ(テデスキ)

 

カピテル・モンテフォンタナ レチョート・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラシコ
Capitel Monte Fontana Recioto della Valpolicella
テデスキ
Tedeschi

『デキャンター』誌の選ぶ世界のベスト100ワイナリーの1つ

1824年創業のテデスキ社は、イタリア、ヴェネト州にある5世代続く家族経営のワイナリーです。
長い歴史の中で培われた醸造技術を重んじながらも、常に品質向上のために革新を続ける老舗ワイナリーです。

テデスキ・ファミリーの歴史は初代1630年代頃にヴァルポリチェッラ地区に葡萄畑を購入したことに遡るそうです。
この畑を礎としてテデスキ社は1824年の創業以来伝統派の生産者として土地の個性をきちんと表現したワイン造りで知られています。

テデスキ社のワイン生産に用いられる葡萄は3割が自社畑から、残り7割は2軒の契約農家から調達していますが、この契約農家の畑も全てテデスキ社が栽培管理しているそうです。

現在は当主ロレンツォ・テデスキ氏の息子リカルド氏が醸造を担当し、ヴェネト州を代表するヴァリポリチェッラとソアーヴェを始め、半干しぶどうから造られる甘口のレチョート、辛口のアマローネ、人気のI.G.T.ワインと地域の個性を引き出した高品質ワインを造り出しております。

1987年にはレチョートが、1994年にはアマローネが“ワイン・インターナショナル・チャレンジ”で赤ワインの最高峰に輝いています。

また、『デキャンター』誌の選ぶ世界のベスト100ワイナリーにも選出されております。

大変生産量の少ない畑名入りレチョート

テデスキ社のレチョート・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラシコです。
レチョートは、陰干して糖度を高めた半干しぶどうを発酵させて造られるヴェネト州を代表する甘口赤ワインで、その起源は古代ローマ時代に遡るという非常に歴史の深いワインです。

テデスキ社のレチョート・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラシコは、ヴァルポリチェッラの中心地にあるモンテ・フォンタナのとても小さな単一畑(1ha)のぶどうのみで造られる大変生産量の少ない畑名入りレチョートです。

「ガーネット色を帯びた濃く澄んだルビー色、木イチゴやブラックベリーなどの甘い香り、またスロヴェニアオーク樽の香りの調和したフルーツの香り。素晴らしくエレガントでバランスの良い構成、長く幸福な余韻に包まれます。」(インポーター資料より)

 

 

カピテル・モンテフォンタナ レチョート・クラシコ・デッラ・ヴァルポリチェッラ テデスキ

カピテル・モンテフォンタナ レチョート・デッラ
ヴァルポリチェッラ・クラシコ 2003
Capitel Monte Fontana Recioto della
Valpolicella 2003

商品番号:  110205
ワイナリー: テデスキ
生産地:   イタリア ヴェネト
格付:     D.O.C.   
タイプ:    赤
品種:     コルヴィーナ30%、コルヴィノーネ30%、
         ロンディネッラ30%、モリナーラ、ロシニョーラ、
         オセレータ、ネグラーラ、ディンダネッラ10%
容量:      500ml


¥4,229+税

売り切れました。ありがとうございました。

 

この商品の関連商品をチェックする!

テデスキ カピテル・モンテオルミ・アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラシコ

テデスキ社のフラグシップ・ワイン、アマローネ・クラシコ・モンテオルミです。
『ガンベロロッソ』誌で最高の3glass獲得

¥6,505+税
商品詳細はこちら