トップ > ドイツ > ドイツ(その他) > ミュラー・トゥルガウ(リンクリン)

 

ミュラー・トゥルガウ
Müller-Thurgau
リンクリン
Rinklin

ドイツの自然派ワイナリー、リンクリン

リンクリンのワイナリーは、ドイツの黒い森(シュヴァルツヴァルド)とアルザス(フランス)のヴォゲーゼン山脈の間に有るカイザーストゥールと言う小さな大昔の火山の麓に位置している。

ワイン作りには最高の気候と土壌に恵まれているお蔭で、何世紀も昔からブドウの木が植えられ、私達の家族も何世代にも渡ってブドウを育てている。

リンクリンの家の造りは、この地方の伝統的なもので、シュヴィボーゲンと呼ばれる円形の大きな門をくぐって入ると、その回リを母屋と納屋、それにワインを作る建物等に囲まれた中庭がある。この円形の門の中で、1955年からは、ブドウ、野菜すべてを厳しい有機農業(バイオ)の基準に従って栽培しているが、それにもかかわらず、1985年まではブドウを村の農協に持ち込んでワインを醸造。
しかし、それでは苦労して有機農法でブドウを育てる意味がないので、1986年に昔ながらの伝統的なやり方に戻ると言う大きな決心をして、自分たちでワイン醸造を開始。
今は本当の意味で始めから終わりまで、自分たちの手でワインを醸造している。

 

 

リンクリン ミュラー・トゥルガウ

ミュラー・トゥルガウ 2009
Müller-Thurgau 2009

商品番号:  140501
ワイナリー: リンクリン
生産地:   ドイツ バーデン
格付:      
タイプ:    白
品種:     ミュラー・トゥルガウ
容量:      750ml


¥1,600+税

売り切れました。ありがとうございました。

 

この商品の関連商品をチェックする!