トップ > フランス > フランス(その他) > ドメーヌ・ボールナール > アルボワ・ピュピラン ブラン ル・ルージュ・クー

 

アルボワ・ピュピラン ブラン ル・ルージュ・クー
Arbois Pupillin Blanc Le Rouge-Queue
ドメーヌ・ボールナール
Domaine Bornard

ジュラの巨匠も認める美酒

フランス東部にあるジュラ地方・・・と聞いてすぐに「あ~ブルゴーニュの東ね。」とか「ヴァン・ジョーヌ?、クレマン・ド・ジュラ?」なんて思った方はなかなかのフランスワイン通でしょうね。

ジュラ地方はジュラ山脈の山岳地帯の西側にあるフランス国内最小の生産地で、黄ワイン(ヴァン・ジョーヌ)やクレマン・ド・ジュラで有名です。

ドメーヌ・ボールナールは、ジュラ地方のアルボワの街の近くにある標高400m以上の高原に囲まれたピュピラン村にあるドメーヌです。
現当主フィリップ・ボールナールは齢50にしてはじめて自らのドメーヌを立ち上げた遅咲きヴィニュロン。

同じピュピラン村には自然派ワインの巨匠ピエール・オヴェルノワ氏のドメーヌがあり、古くから交友関係にあったようです。
フィリップ・ボールナール氏が1998年にワイン農協の醸造責任者を辞めてブドウ栽培農家一本で生計を立てていた時も、昔からフィリップの造るワインが大のお気に入りだったピエール・オヴェルノワ氏から「このままブドウ栽培農家で終わるのはもったいない!」とドメーヌ立ち上げのアドバイスを受けていたようです。

マルセル・ラピエール、フィリップ・パカレと交友があり、フィリップ・ボールナール氏がワインの農協で働いている時から、彼らのワイン哲学に多大なる影響を受けているといいます。

~ドメーヌの歴史~

現オーナーであるフィリップ・ボールナール氏は、ピュピラン村で父の代から続くヴィニュロンの家系で育った。
彼が高校を卒業し、1年の軍隊経験を経た後すぐに3haの畑を手に入れ、同時期1975年、ピュピランのワイン農協に就職する。当時、彼の父親は彼にメカニシャンになってほしかったそうだが、彼は若い頃からヴィニュロンになることをあこがれていたそうだ。
ワイン農協では醸造責任者を担当し、農協で働きながら少しづつ自身の畑面積を増やし、1987年には9haの畑を持つようになった。

畑仕事が過度に忙しくなったため、1988年にワイン農協の醸造責任者を辞め、ブドウ農家一本に専念する。この頃からブドウを農協に売る一方で、毎年家庭消費用に自らのブドウで少量のワインをつくっていた。(これが後にピエール・オヴェルノワの目にとまる)
2000年に彼の父親が亡くなり、さらに3.5haの父親の畑を引き継ぎ、計12.5haの面積を持つにいたる。2005年、ボーヌの醸造学校でワインを学んでいた彼の息子が家に戻ってくるのを機にドメーヌ立ち上げを決意する。
現在は、実質6.5haのブドウ畑で自らのワインを仕込み、残りの6ha分のブドウは引き続きワイン農協に売りながら生計を立てている。

ムロン・ド・アルボワ

ボールナールの“ル・ルージュ・クー”という白ワインです。
このワインで使用されているムロン・ド・アルボワという品種は、通常シャルドネと同じ品種として扱われていますが、フィリップ・ボールナール氏は、あくまでムロン・ド・アルボワとシャルドネは別品種との見方をしており、あえて“Melon”とラベル表記してあります。

収穫日は10月9日。収量は15hL/ha! Le Rouge-Queueは鳥の名前。ムロン・ド・ア ルボワ(シャルドネの仲間)のブドウが熟す時に、梗の付け根の色が赤くなることから、Rouge-cou「赤い首」と掛けた掛詞! 軽くフィルター有、 SO2はマロラクティック後に15mg/L添加!


「黄桃、パッションフルーツ、メロン、ブリオッシュ、蜜蝋の香り。ワインはフルーティーかつクリスピーで果実に厚みがあり、チョークのようなキメの細かいミネラルとまろやかな旨味が味わいの骨格を整える!」(インポーターさん資料から抜粋)

 

 

ボールナール アルボワ・ピュピラン ル・ルージュ・クー

アルボワ・ピュピラン ブラン ル・ルージュ・クー 2013
Arbois Pupillin Blanc Le Rouge-Queue 2013

商品番号:  081510
ワイナリー: ドメーヌ・ボルナール
生産地:   フランス ジュラ
格付:     
タイプ:    白
品種:     ムロン・ド・アルボワ 
容量:      750ml


¥4,968(税込)

売り切れました。ありがとうございました。

 

この商品の関連商品をチェックする!