トップ > フランス > フランス(その他) > ドメーヌ・ラ・ボエム > ペティアン・ナチュレル フェスティジャール ブラン

 

ペティアン・ナチュレル フェスティジャール ブラン
Petillant Naturel Festejar Blanc
ドメーヌ・ラ・ボエム
Domaine La Boheme

新興ドメーヌ、ラ・ボエム

フランスのちょうど真ん中にあるオーヴェルニュ地方のドメーヌ、ラ・ボエムです。
元IBMのコンピューター技師という異色の経歴をもつパトリック・ブージュ氏が2004年起ち上げた新興ドメーヌです。

パトリック・ブージュ氏はワイナリー起ち上げ当初からビオロジック農法を実践されています。
オーヴェルジュ地方のビオワイン生産者といえば、奇人といわれているピエール・ボージェ氏がおりますがやはり彼の意見を取り入れつつ、ペティアンと赤ワイン造りに情熱を注いでおります。

フランス中南部、平野の真ん中に盛り上がったマシフ・サントラル(中央山塊)と呼ばれる一帯。クレルモン・フェランを東に40kmほど向かった緩やかな丘陵地が続くところにドメーヌ・ラ・ボエムがある。火山群と火山によってできた独特の痩せた土壌はブドウ栽培に適してはいるが、雨量が少なく、暑い夏と寒い冬と気温の差が激しい内陸性気候の影響をまともに受ける気候条件を加味するとやはりブドウにとって厳しい土地には変わりがない。オーヴェルニュとは「田舎」を指すフランス語で、19世紀までおよそ外部の人間が足を踏み入れることがなかったといわれるほどだ。ヴォルヴィックやヴィッテルなどのミネラルウォーターの湧水地としても有名。カンタル等AOC チーズも数多い。

現在はオーナーであるパトリック・ブージュが1人で1.5haの畑を管理している。彼の所有する品種は、赤のガメイ・ド・ オーヴェルニュの1品種のみで、樹齢平均は60~100年である。ナチュラルな赤ワインを仕上げることももちろんだが、当時から彼は、赤を作るのと同じくらいペティアンを作ることに興味があり、修業時代は「納得のいくペティアンナチュレルを作るまで、独立はしない!」と 5年間は試行錯誤を繰り返していたという。畑もビオロジックの農法こだわり、除草剤、殺虫剤を一切撒かない。ブドウの収穫量も、毎 年シャプタリゼーションの必要のない糖度の乗ったブドウを作るために、30hl平均に収める。(力みすぎたのか!?2005 年はブドウを落としすぎて収穫量が17hl!)

フェスティジャールの白

オック語で「お祭り騒ぎしようぜ!」という意味の“フェスティジャール”の白バージョンです。
400本のみの生産で、しかも今後造られるかわからないという幻(?)のペティアンです。

収穫日は9月15日。収量は18hl/ha。残糖は14g。実験的にシャルドネで仕込んだFESTEJARの白バージョン!全シャルドネは毎年収量が少ないので、今後継続するかどうかは未定。


「メントール、パッションフルーツ、白い花、鉄分、ミネラルの香り。ワインはクリスピーで、細く真っ直ぐな酸と硬質なミネラル、熟したグレープフルーツの甘苦い風味が余韻に抜ける!」(インポーターさん資料から抜粋)

 

 

ドメーヌ・ラ・ボエム フェスティジャール ブラン

ペティアン・ナチュレル
フェスティジャール ブラン 2011
Petillant Naturel
Festejar Blanc 2011

商品番号:  081802
ワイナリー: ドメーヌ・ラ・ボエム
生産地:   フランス オーヴェルニュ
格付:        
タイプ:    泡・白
品種:     シャルドネ
容量:      750ml


¥3,672(税込)

売り切れました。ありがとうございました。

 

この商品の関連商品をチェックする!

ドメーヌ・ラ・ボエム フェスティジャール ロゼドメーヌ・ラ・ボエム ペティアン・ナチュレル フェスティジャール ロゼ

オーヴェルニュ地方ドメーヌ・ラ・ボエムのフェスティジャールです。
「お祭り騒ぎしようぜ!」という名の野性味あるやや甘口のロゼ・ペティアンです。

 

¥3,531(税込)