トップ > フランス > シャンパーニュ > ベル・エポック(ペリエ・ジュエ)

 

ベル・エポック
Belle Epoque
ペリエ・ジュエ
Perrier Jouet

妥協を許さぬこだわりの造り

1811年、コルク・メーカーであったピエール・ニコラ・マリー・ペリエとその妻アデル・ジュエが夫婦の名前をつけて創業したのがペリエ・ジュエです。

彼らが丁寧につくりあげる芸術的なシャンパンはたちまち評判となり、家業を継いだ2代目のシャルル・ペリエの時代には、他社に先駆けて辛口シャンパンやヴィンテージシャンパンを発売するなど、その人気を不動のものとすることに成功しました。

優れたブドウを産み出す優れた畑を求め、1840年から1870年にかけてクラマン、アヴィーズ、マイイ、アイに畑を購入。現在では、そのほとんどがグラン・クリュと評定される自社畑を約65ha保有するまでになりました。
特にコート・デ・ブラン地区の畑からは、ペリエ・ジュエの特徴である優雅さや繊細さを創りだす最高級のシャルドネが収穫されます。

ペリエ・ジュエの完璧な品質に対するこだわりは妥協を許さず、過去に5回、ブドウの不作を理由に出荷を断念することもありました。 

ベル・エポック

ペリエ・ジュエといえば、ボトルに描かれた白いアネモネの花を思い浮かべられる方も少なくないでしょう。
これは1902年に3代目社長アンリ・ガリスが、自らがつくりだす芸術的なプレステージシャンパンにふさわしいボトルデザインを親交のあったアール・ヌーヴォーを代表する芸術家エミール・ガレに依頼したものです。
このボトルは第一次世界大戦の混乱の中封印されてしまい、長い眠りにつくことになりました。
1964年、当時のセラーマスター、アンドレ・バブレが、エナメル塗料でアネモネが描かれたボトルを発見。この美しさに感銘を受けた彼は、「アネモネはシャルドネの繊細さを見事に表現している」とシャルドネを主体としたスペシャルキュベをつくりあげる決心をしました。
1969年、5年の熟成期間を経て完成したこのシャンパンは、ガレが生きた「ベル・エポック(美しき良き時代)」 と名づけられました。
現在ではペリエ・ジュエを代表するこのボトルは、その極上の華やかさから“フルール・ド・シャンパーニュ(シャンパンの華)”と称されています。

プレステージ・シャンパン ペリエ・ジュエ

1811年の創業以来、ペリエジュエは最高の賛沢を知る人々に愛されてきました。
イギリスのヴィクトリア女王、フランスのナポレオン三世、ベルギーのレオボルドー世といった欧州の王室や、ハリウッド女優から後にモナコ王妃になったグレス・ケリーをはじめとする、世界中の気品あふれるセレプリティたちが、優雅で洗練された時間をこのシャンパンとともに楽しんできました。

繊細に泡立つ黄金の液体から、ガレがデザインした外装まで、完壁な芸術性を誇るペリエジュエ。美しく
優雅なひとときへ、白いアネモネが、あなたを誘います。

コート・デ・ブラン地区のグラン・クリュのシャルドネを主体に、ピノ・ノワールと、ピノ・ムニエを若干加えることにより、シャルドネがもたらす繊細さやエレガントさに、複雑さや華やかさを兼ね備えた味わい。白い花のフローラルな香りや柑橘系の香りが豊かに広がり、エレガントな時間を演出します。

シャルドネ55%、ピノ・ノワール40~45%、ピノ・ムニ工0~5%
※ヴィンテージにより、ピノ・ムニエを使用しない年もあります。

 

 

ペリエ・ジュエ ベル・エポック

ベル・エポック 1999
Belle Epoque 1999

商品番号:  040801
ワイナリー: ペリエ・ジュエ
生産地:   フランス シャンパーニュ
格付:       
タイプ:    白
品種:     シャルドネ55%、ピノ・ノワール40%、ピノ・ムニエ5%
容量:      750ml


¥15,000+税

売り切れました。ありがとうございました。

 

この商品の関連商品をチェックする!