トップ > アメリカ > カリフォルニア > リード ピノ・ノワール(カレラ)

 

リード ピノ・ノワール
Reed Pinot Noir
カレラ
Calera

ピノ・ノワールとシャルドネで最高のカリフォルニアワインを・・・

カリフォルニアの超有名ワイナリー、カレラです。
1975年、ジョシュ・ジェンセン氏がサン・ベニート郡マウント・ハーランに設立したワイナリーです。

ジョシュ・ジャンセン氏はオックスフォード大学院に留学中、ブルゴーニュに魅せられドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティやドメーヌ・デュジャックなどで働き、畑や醸造について学びました。
超一流ドメーヌの仕事に関わるうちに、彼は ピノ・ノワール種とシャルドネ種で最高のカリフォルニアワインを造りたいと思うようになりました。

1971年の帰国後、「ピノ・ノワールは石灰岩土壌で真価を発揮する。」というロマネ・コンティ社ヴィレーヌ氏の言葉に従い、ブルゴーニュのコート・ドール地区と同じ石灰岩土壌の土地を探し始めました。
このときNASAの衛星を使ったというスケールの大きい話がありますが、実際は政府の地質学の地図を頼りに探したそうです。
しかし、こういった噂話は、彼のワイン造りへの情熱の高さを物語っている気がします。

カリフォルニアには石灰岩土壌が非常に少なく、1974年、ついにピノ・ノワールの理想郷を手に入れた時には土地を探してから2年4ヶ月間経っていたそうです。

長い年月をかけてようやく探しだした石灰岩の土地、マウント・ハーランは今でこそフランスのAOCに当たるAVA(政府承認ぶどう栽培地域)に認められておりますが、当時は誰一人として見向きもしなかった土地だったようです。

というよりカリフォルニアで良質のピノ・ノワールは育たないといわれていた時代だったため周りからはクレイジー呼ばわりされていたそうです。

ロマネ・コンティのピノ

土壌や微気候に従って3つに区画された畑は、父や友人の名が送られ、ジェンセン、セレック、リードと名付けられました。
現在では、さらにミルズとライアン、シャルドネ種やヴィオニエ種の区画も加わり土壌に注意しながらも、高まる需要に応えるため徐々に畑を拡大しております。
また、カレラの畑ではロマネ・コンティの畑のピノ・ノワールのクローンが移植され、接ぎ木なしで栽培されています。

自然酵母を使い、人の手を出来るだけ加えないシンプルな伝統的醸造を行っており、重力を利用した流動システムの導入などワインに余計なストレスがかからないよう細心の注意が払われております。

カレラとはスペイン語で石灰窯を意味します。実在する石造建築「カレラ」は100年以上前に切り出された石灰岩で造られており、カレラ・ワイン社のシンボルであり、ロゴになっています。

 

カレラ

柔らかなピノ

リードは、カレラの単一畑のなかで最も柔らかなピノ・ノワールが収穫されるといわれています。
基本的にカレラでは単一畑は同じ工程で醸造されますが、この畑のピノ・ノワールは他の単一畑より柔らかくリリース直後でも十分飲み頃といったワインを産出します。
濃厚さはありませんが、奥ゆかしい繊細さがお好きな方にはたまらないピノで、男性的なスタイルといわれるジェンセンに対して女性的な性格を帯びております。

 

 

カレラ リード

リード ピノ・ノワール 2006
Reed Pinot Noir 2006

商品番号:  150206
ワイナリー: カレラ
生産地:   アメリカ カリフォルニア マウント・ハーラン
格付:        
タイプ:    赤
品種:     ピノ・ノワール
容量:      750ml


¥9,000+税

売り切れました。ありがとうございました。

 

この商品の関連商品をチェックする!

カレラ セレックカレラ ピノ・ノワール セレック

カレラの単一畑セレックです。
セレックの畑は、カレラの単一畑の中で最も凝縮されたぶどうが収穫できるといわれています。

 

¥13,000+税