トップ > フランス > ブルゴーニュ > ベルトラン・アンブロワーズ > サン・ロマン ブラン

 

サン・ロマン ブラン
Saint Romain Blanc
ベルトラン・アンブロワーズ
Bertrand Ambroise

カリテ・プリな優良メゾン

ニュイのお隣、プレモー=プリセ―クロ・ド・ラ・マレシャルを始め、ニュイのアペラシオンを名乗る錚々たるプルミエ・クリュが位置する―の村に拠を構えるメゾンは、18世紀末からワイン生産に従事してきた。
40代になる当主ベルトランは、温厚な物腰と人望をかわれ、プレモー村の村長も務め、所有する17ヘクタールの地所はACブルゴーニュが3分の1、それにニュイ=サン=ジョルジュ、コート・ド・ニュイ・ヴィラージュを中心にグラン・クリュのコルトンも擁する。加えてピュリニーのソゼなどと同じく購入したぶどうも用いるため、銘柄はジュヴレ=シャンベルタンからサントーバンにおよび、その総数は30に上る。
生み出すワインはその人柄に似合わず力を感じさせるタイプで、レジオナルからグラン・クリュまで一貫している。なかでもACブルゴーニュ―キュヴェは2種類あり、そのヴィエーユ・ヴィーニュのほうはいい意味でアペラシオンを裏切ってくれるワインですぐに品切れとなる―は、メゾンのスタイルを手軽に味わえると同時に、かなりカリテ・プリな仕上がり。
近年メゾンのスタイルには変化が見られる。ワインは以前の濃厚さが前面に出たタイプから、バランスとエレガントさも備えたものに変わった。それは畑を10年以上の歳月をかけ自らの満足できる状態にまでもっていったベルトランのテロワール重視の姿勢とパラレルになり、MPFはおこなうものの、日に2回のピジャージュは1回に減らすなど、つくりの面からも窺える。樽だけは当初から変わらず新樽に1アキ樽のみの使用―ヴィラージュ・クラスでも4分の3は新樽を用いる―だが、ワインは過度な新樽臭さもなく、じんわりと広がる香りに熟した果実味が滑らかなタンニンと合わさる、うまみが凝縮するバランスのよいもの。また、樽発酵させ、バトナージュもしっかりおこなう白は濃密なワインに仕上がっていて、新樽の風味が横溢する飲み応えも十分。

サン・ロマン ブラン

ベルトラン・アンブロワーズのACサン・ロマン・ブランです。
カリテ・プリな生産者として人気のベルトラン・アンブロワーズの中でも特におすすめのACサン・ロマン・ブランです。

 

 

ベルトラン・アンブロワーズ サン・ロマン ブラン

サン・ロマン ブラン 2009
Saint Romain Blanc 2009

商品番号:  0310001
ワイナリー: ベルトラン・アンブロワーズ
生産地:   フランス ブルゴーニュ サン・ロマン
格付:       
タイプ:    白
品種:     シャルドネ
容量:      750ml


¥2,000+税

売り切れました。ありがとうございました。

 

この商品の関連商品をチェックする!