トップ > フランス > ブルゴーニュ > アー・エ・ペー・ド・ヴィレーヌ > ブーズロン

 

ブーズロン
Bouzeron
アー・エ・ペー・ド・ヴィレーヌ
A.etP.de Villaine

DRC社の経営者が運営するドメーヌ

ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ=コンティ社の経営者が運営するドメーヌ―名称のAはオベールの頭文字で、Pは伴侶パメラのそれ―として知る人ぞ知る存在だが、現在、取り仕切るのは当主オベールの甥にあたる30代後半のピエール・ド・ブノワ―オベールの妹の息子で、ロワール地方はサンセールの出身―。

20ヘクタールと大きめのドメーヌの半分を占めるのはブズロン。シャロネーズ地区の最北端に位置し、アリゴテ種のワインのみが名乗れるアペラシオン―1997年、それまでのブルゴーニュ・アリゴテ・ド・ブズロンからヴィラージュに格上げとなった―で、広さは60ヘクタールほどと非常に小さい。畑 は270メートルから350メートルの斜面にあり、コート=ドールに較べ若干高めの標高だが、そのテロワールはボーヌ地区、なかでもアロース=コルトンによく似た地質の構成となっている。産するのはこのブズロンに加え、ブルゴーニュ・コート・シャロネーズの白、赤にリュリーとメルキュレ。

50年以上のヴィエーユ・ヴィーニュも見られるアリゴテ―ドメーヌで栽培しているのはアリゴテ・ドレ種―の樹齢は平均で30年を超え、その他のシャルドネー、ピノ・ノワールも若いぶどう樹でも20年以上と安定している―植え替えはセレクシヨン・マサル―。そしてこれらのぶどうの栽培は完璧なビオ。 ドメーヌでは最大限テロワールを生かす取り組みがなされていて、1986年よりビオロジークでの耕作を開始、10年後の1997年には正式な認証も得ている。

ぶどうは畑とカーヴでしっかりとトリを付し、コート=ドール並みの収量―ブズロンは規定量55ヘクトリットルの8割以下。また最近、2008年産リュリーは30ヘクトリットルという低い数字だった―で摘み取り。白はデブルバージュの後、温度コントロールされたフードルとピエスでアルコール発酵と熟成。赤の醸し―除梗は3分の1に留め、最低でも3分の2の果梗を用いる―は木製の開放の大桶で、ピジャージュも人手。続いてピエスで熟成―新樽の割合はミレジムで異なる―、フィルターをかけずに瓶詰めとなるが、その際SO2の添加はごく微量。なお上に記した果汁、ワインの移動はグラヴィティ・フローでおこなっている。

フラッグシップのブズロンは素直な果実風味に溢れた滑らかな味わいのワインで、このぶどう品種独特の酸味も他の要素とうまくバランスし、ミネラル感に満ちた心地よい仕上がりとなっていて、他の生産者のそれとは一線を画する。またブズロンの村のすぐ北西に連なる斜面から生まれるブルゴーニュ・コート・シャロ ネーズ―ラベルに記されているクルー、ディゴワーヌ、フォルテュヌはリュー=ディの名称―もまとまりのある調和のとれた白赤で、それぞれのテロワールのニュアンスを備え、明らかにレジオナルの域を超えたクオリティ。このドメーヌがいかにワイン全体のバランスに重きをおくか、ブズロン同様十分に納得できるもの。
リュリーは、南のマコン、プイィ=フュイッセとは明らかに異なる酒質で、例えればピュリニーのキャラクターを少々細身にしたタイプ。リリースされてすぐよりも多少熟成させてからのほうがその持ち味が開花する。またメルキュレは、ニュイ=サン=ジョルジュに由来するピノ・ファンの株を用いていて、コート・ ドールの赤と同じく15年から20年の熟成も可能なしっかりした構造のもの。
ともかく白赤ともに、ワインにテロワールを表現させるという点においては、経営者として携わっているDRCと同列にあることを強く感じさせてくれる水準の高さ。ブズロンのエキスパートとして、その酒質には端倪すべからざるものがあるドメーヌだが、なぜか品切れになるのは赤からなのである。

 

 

アー・エ・ペー・ド・ヴィレーヌ ブーズロン

ブーズロン 2010
Bouzeron 2010

商品番号:  0310701
ワイナリー: アー・エ・ペー・ド・ヴィレーヌ
生産地:   フランス ブルゴーニュ コート・シャロネーズ
格付:       
タイプ:    白
品種:     アリゴテ
容量:      750ml


¥1,800+税

売り切れました。ありがとうございました。

 

この商品の関連商品をチェックする!