トップ > フランス > アルザス > トリンバック > リースリング

 

リースリング
Riesling
トリンバック
Trimbach

アルザスで最も偉大なリースリング!

ワインの世界的権威ヒュー・ジョンソン氏の『ポケットワインブック』のトリンバックの項目にはこう記載されています。

「アルザスで最も偉大なリースリング(クロ・サン=テュヌ)と、おそらく2番目に偉大なリースリング(キュヴェ・フレデリック=エミル)を産する栽培業者」と。

トリンバックがアルザスで最も偉大なリースリングの生産者かどうか意見の分かれるところですが、トリンバックを抜きにアルザスワインは語れない!きっとこれには誰もが納得していただけると思います。

アルザスのロマネ・コンティと呼ばれる単一畑のクロ・サン・テューヌを単独所有

リックヴィール村のブドウ栽培農家として、1626年にその歴史の始まりを刻むトリンバック家が、現在のリボヴィレ村に移り、ワイン醸造業者としての名声を博すようになったのは19世紀末、フレデリック・エミール・トリンバックの時代になってからです。

彼は1898年、ブリュッセルで行われた国際品評会にワインを出品し、最高位の賞を受けました。今日なおフレデリック・エミールのイニシャルが社名に冠されているのは、そのような理由からです。

また、フレデリック・エミールの名前は、同社の上級レベルのワインにも用いられており、リースリング・キュヴェ・フレデリック・エミールとなっています。

同社はグラン・クリュ・ロザケールの中に、アルザスのロマネ・コンティと呼ばれる単一畑のクロ・サン・テューヌを単独所有しています。この1.3ヘクタールの畑にはリースリングのみが植えられており、イギリスのワイン評論家クライヴ・コーツは「世界で最高のリースリング」と評しているほどです。

ところがフランス政府は、アルザス・ワインにおける、単一ブドウ畑の名前とグラン・クリュの名前との併記を認めずトリンバック家は、名声の高いクロ・サン・テューヌの名を選んだのです。

トリンバックはガイスベルクとオステルタークの2つのグラン・クリュにもブドウ畑をもっていますが、グラン・クリュの拡大に懐疑的な彼らは、ラベルにグラン・クリュを載せることは決してありません。(インポーターさん資料より)

典型的なアルザスリースリングの味わい

世界で最高のリースリングなんていわれると萎縮してしまいそうですが・・・、もちろんトリンバックにはスタンダードクラスのリースリングもあります。というより、こちらの方が安旨ワインとして人気があります。

典型的なアルザスリースリングの味わいを色濃く出しているといわれるトリンバック社のリースリングです。

 

 

トリンバック リースリング

リースリング 2012
Riesling 2012

商品番号:  060101
ワイナリー: トリンバック
生産地:   フランス アルザス
格付:        
タイプ:    白
品種:     リースリング
容量:      750ml

¥1,840+税

在庫1本

 

この商品の関連商品をチェックする!

トリンバック リースリング レゼルヴトリンバック リースリング レゼルヴ

トリンバックのリースリング・レゼルヴです。
今でも十分に楽しめますが、10~15年はゆうに熟成することが可能です。

 

¥2,640+税