トップ > フランス > アルザス > トリンバック > ピノ・ノワール・レゼルヴ

 

ピノ・ノワール レゼルヴ
Pinot Noir Reserve
トリンバック
Trimbach

アルザスで最も偉大なリースリング!

ワインの世界的権威ヒュー・ジョンソン氏の『ポケットワインブック』のトリンバックの項目にはこう記載されています。

「アルザスで最も偉大なリースリング(クロ・サン=テュヌ)と、おそらく2番目に偉大なリースリング(キュヴェ・フレデリック=エミル)を産する栽培業者」と。

トリンバックがアルザスで最も偉大なリースリングの生産者かどうか意見の分かれるところですが、トリンバックを抜きにアルザスワインは語れない!きっとこれには誰もが納得していただけると思います。

アルザスのロマネ・コンティと呼ばれる単一畑のクロ・サン・テューヌを単独所有

リックヴィール村のブドウ栽培農家として、1626年にその歴史の始まりを刻むトリンバック家が、現在のリボヴィレ村に移り、ワイン醸造業者としての名声を博すようになったのは19世紀末、フレデリック・エミール・トリンバックの時代になってからです。

彼は1898年、ブリュッセルで行われた国際品評会にワインを出品し、最高位の賞を受けました。今日なおフレデリック・エミールのイニシャルが社名に冠されているのは、そのような理由からです。

また、フレデリック・エミールの名前は、同社の上級レベルのワインにも用いられており、リースリング・キュヴェ・フレデリック・エミールとなっています。

同社はグラン・クリュ・ロザケールの中に、アルザスのロマネ・コンティと呼ばれる単一畑のクロ・サン・テューヌを単独所有しています。この1.3ヘクタールの畑にはリースリングのみが植えられており、イギリスのワイン評論家クライヴ・コーツは「世界で最高のリースリング」と評しているほどです。

ところがフランス政府は、アルザス・ワインにおける、単一ブドウ畑の名前とグラン・クリュの名前との併記を認めずトリンバック家は、名声の高いクロ・サン・テューヌの名を選んだのです。

トリンバックはガイスベルクとオステルタークの2つのグラン・クリュにもブドウ畑をもっていますが、グラン・クリュの拡大に懐疑的な彼らは、ラベルにグラン・クリュを載せることは決してありません。(インポーターさん資料より)

ピノ・ノワール・レゼルヴ

アルザスワインのほとんどはリースリング等の白ワインですが、近年ピノ・ノワールを使った赤ワインも優れた品質のものが出てきています。
近年のブルゴーニュの高騰の影響もあり、ピノ好きの方がアルザスに注目する機会も増え、良い物が続々と紹介されるようになっております。今後ますます楽しみな産地の1つとして注目していきたいです。

 

 

トリンバック ピノ・ノワール レゼルヴ

ピノ・ノワール レゼルヴ 2013
Pinot Noir Reserve 2013

商品番号:  060105
ワイナリー: トリンバック
生産地:   フランス アルザス
格付:     
タイプ:    赤
品種:     ピノ・ノワール
容量:      750ml


¥2,560+税

売り切れました。ありがとうございました。

 

この商品の関連商品をチェックする!